PMS(生理前症候群)でツラい女子にプレフェミンが人気なのはなぜ?

生理(月経)に関連する体調の変化に悩まされている女性は少なくありません。

 

 

生理痛はそのような症状の代表格ですが、生理前に色々な症状が現れる生理前症候群(PMS)も生理を控える女性特有の症状を来すものとして知名度が上がっています。

 

生理前症候群は多様な症状を含んでおり特有の症状があるわけではありませんが、乳房のハリ、下痢や吐き気などの消化器症状、冷え性やむくみ、肌荒れや大人ニキビ等全身に症状が出現します。

 

イライラや怒りっぽくなる等の精神的症状も伴います。
いずれも生理痛と症状が重複する部分もありますが、発症時期に特徴があります。

 

排卵後2週間程度で生理が始まりますが、生理痛は月経直前に始まるのに対して、生理前症候群は時期的に明白な違いがみられており排卵時前後に全身的変調をきたすのが特徴です。

 

これらの変調の原因は必ずしも解明されているわけではありませんが、排卵から月経時期前後のホルモンバランスの急変が背景に存在するとみられています。妊娠を助けるために分泌されるのが、黄体ホルモン(プロゲストロン)。

 

女性らしさに関連するのが卵胞ホルモン(エストロゲン)。生理前の黄体期にはプロゲストロンが活発に産生されています。

 

妊娠のためには羊水が必要になり、赤ちゃんのためには授乳が必要になります。
そのため黄体期には水分がたまりやすくむくみが頻発し、乳房が発達するなどの変化が現れ、この傾向が過剰になると生理前症候群に発症に関連していると考えることが出来ます。

 

プレフェミンは生理前に起きる様々な変調を改善させる日本で唯一の生理前症候群治療薬です
プレフェミンは従来からスイスやオーストリアなどで使用されてきましたが、日本ではPMS治療薬初めて承認されました。

 

プレフェミン服用後、乳房のハリや頭痛等の身体症状と共に、イライラ感や抑うつ気分等の精神症状についても多くの方で改善が見られています。生理前の変調やイライラは仕方のないものとして我慢してきた人も多いでしょうが、今では治療できる時代になりました。

 

プレフェミンで生理前症候群をうまくコントロールし、ストレスフリーな毎日を手に入れてください。

 

PMS(生理前症候群)の改善効果が期待できる低用量ピル


PMSは生理前症候群と呼ばれ、人によって症状は様々です。
生理前に、体はもちろん、心の状態にも不調を感じることがあれば、それはPMSかもしれません。
具体的な症状としては、バストの張りや肌荒れ、ニキビ、疲れ、だるさ、頭痛、腰痛、むくみ、のぼせという症状が出ます。精神的には、イライラしたり、落ち着きがない、集中できなかったり、情緒不安定になるといった症状が代表的です。同じ人でも、月によって異なる症状が出ることもあり、その症状の数は200を超えると言われています。

どうしてピルでPMS(生理前症候群)が改善されるの?

なぜPMSが起こるのかはまだ解明されていませんが、排卵の前後に起こるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの急激な変化によるものだということです。
ピルには、エストロゲンとプロゲステロンに似た作用を持つ成分が含まれています。ピルを飲むと、含まれている女性ホルモンによって、体は妊娠していると思い込んで、それ以上排卵しなくなります。
排卵が抑制されるので、ホルモンの分泌が一定になり、PMSが起こりにくくなります。

ピルを飲むことで肌荒れしない?

ピルを飲むことで女性ホルモンが整い肌荒れなどが改善するケースも多いです。そこで満足するのではなく、女性ホルモンが一定になっているときに外側からケアすることでぐんと美肌になれるのでおすすめです。
美肌=保水力がある肌なので、保水キープ力が高い成分が入った化粧品を選ぶと良いでしょう。例えばプロテオグリカンやセラミドなどが保水力が高くしっとりモチモチになる成分は一度試してみる価値ありです。

ピルの飲み方は?

ピルは、毎日1回、同じ時間に飲むようにしましょう。こうすることで、体内の女性ホルモンの量が常に一定になります。
朝食の後や、帰宅後など自分が飲み忘れないタイミングに服用しましょう。

ピルの種類は?

ピルには、21日分のものと、28日分のものの2種類があります。
どちらも、女性ホルモンが入っているものは21日分だけで、28日分の残りの7日は飲み忘れを防ぐためのホルモンが入っていない薬です。

ピルを服用すれば次の生理から楽になる?

ピルを飲むと、次の月経からPMSが楽になるという人が多いです。
しかし、薬の作用には個人差があり、飲み始めてから3カ月で効果を感じるという人もいます。
ピルを飲むことで、生理が周期的にくるようになったり、生理痛の改善というメリットもあります。肌トラブルが減少し、精神的にも落ち着くということもあります。
PMSで悩んでいる場合は、病院に行って相談してみましょう。